委任に関するご質問があればお問合せ下さい。

2020年7月末からのステーキングに関して質問がございましたら、遠慮なくお問合せ下さい。

2019年末から開始したITNテストネットは現在終了しておりますが、次のSHELLEYのステージ(2020年7月末予定)にて、ご自身の保有するADAを委任できるようになります。

効率良くブロックを生成できるプールに委任する事で、ADAの報酬のチャンスはより増えます。ぜひ実績のある当プール、NAPにご委任いただきますようお願いします。

ステーキング概要

(現在、以下のステーキング内容は一旦終了しておりますが、7月末から新たな形で委任が再開されます。)



2019年11月29日にダイダロスやYoroiウォレットの残高は、スナップショットと呼ばれる”システムの(残高)コピー”がされました。このコピーされた残高を利用して、カルダノはステーキングPOSの開発のテストをしていくのですが、このテストに参加する一般のホルダーは、自分の保有しているADAをカルダノのシステムを備えたステーキングプールに委任をする事でその報酬を受け取るチャンスを得ます。

現在すでに本番環境(メインネットと呼びます)で稼働しているのカルダノのブロックチェーンとは別に、テストネット用のブロックチェーンが用意され、そこにホルダーの方の残高を反映させて開発のテストをしていきます。そのためにはテストネット用のウォレットに、コピーされた残高を復元(ペースト)させて行かなければなりません。テストネット上のステーキング報酬を得るためには、以下の作業が必要となります。

あなたはどこまでの作業を既に行っているか、またはどのウォレットをスナップショットさせたかにより、委任のための作業がが違ってきます。

テストネット用のウォレット(ダイダロス・Yoroi)をインストール

テストネットに参加するためには、あなたが既にお持ちのダイダロスやYoroiウォレットとは別に、ステーキング用(テストネット用)のダイダロスウォレットやヨロイウォレットを準備する(インストール)必要がございます。

通常のダイダロスウォレット

テストネット用
ダイダロスウォレット

通常のYoroi (Chrome)

テストネット用
Yoroi (Chrome)

スナップショットされた残高をテスト用ウォレットに復元させる

テストネットに参加するためには、上記❶でインストールしたステーキング用(テストネット用)のウォレット(ダイダロスやヨロイ)にスナップショットされた残高を復元させる必要がございます。もともとのウォレット(ダイダロスやヨロイ)の復元ワードをまず準備し、テストネット用のウォレットをインストール後、復元ワードを入れて、テストネット用のウォレットに、自分の残高を反映させましょう。

委任するプールを選び、委任(ステーキング)する

上記❶と❷が完了すれば、あとは簡単です。ウォレットから委任するプールを選び数クリックで委任作業完了です。(委任が反映するまでは、テストネット期間中は約2日弱かかります。そして報酬の受け取りの権利はその反映した翌日からとなります。)

あなたはどこまでの作業を既に行っているか、またはどのウォレットをスナップショットさせたかにより、委任のための作業がが違ってきます。

因みに、スナップショット(残高のコピー)は保有者は特別に何かをする事はありません。指定のウォレット(ダイダロス・Yoroi)に2019年11月29日の時点で残高がある方であれば、自動でスナップショット(残高がテストネット用に用意)されます。

委任に関するご質問があれば、お問合せ下さい。

2020年7月末からのステーキングに関して質問がございましたら、遠慮なくお問合せ下さい。

2019年末から開始したITNテストネットは現在終了しておりますが、次のSHELLEYのステージ(2020年7月末予定)にて、ご自身の保有するADAを委任できるようになります。

効率良くブロックを生成できるプールに委任する事で、ADAの報酬のチャンスはより増えます。ぜひ実績のある当プール、NAPにご委任いただきますようお願いします。

まずはどこかに委任してスタートさせましょう。

委任先の変更は簡単です。どこのプールに委任しても解約や変更は好きなタイミングで数クリックできます。かかるコストもたった0.8ADAです。