トップページ2020-02-25T09:15:07+09:00

NAP Nekota ADA Pool

Cardano ADA Pool Operation

カルダノADAのステークプールを運営しています。

ADAが増える?

現在保有しているADAコインをカルダノのプールに委任(ステーキング)することで、カルダノブロックチェーンのシステム稼働と維持に貢献する事になります。それにより、委任先のプールがブロックを生成した際にADA(報酬リワード)を得る事が出来ます。

Nekota ADA Poolについて

  • Nekota ADA Pool (ティッカー:NAP)は、カルダノ財団への管理者登録済みプールです。

  • 委任作業は非常に簡単です。ダイダロスウォレットやヨロイウォレットから数クリックで手続きが完了します。当プールに委任の際はティッカーを”NAP“で検索下さい。

ステーキング報酬

報酬を受け取るために

ADAの保有者は特別な知識は全く不要です。ダイダロスやヨロイウォレットからプールへ委任をするだけです。あとは委任したプールがブロック生成を成功させるたびに報酬がつきます。

委任の解除はいつでも出来ます。最低委任期間等もございません。

プールとは

カルダノ財団に登録し、カルダノのシステムを備えたコンピューターやサーバーの1つ1つをプールと呼びます。プールオペレーター(運営者)とは、そのシステムを継続的に維持・稼働させる知識とリソースを備えた個人または企業です。

Nekota ADA Pool (NAP)は、それらの条件を備えたプールです。

なぜ報酬が出る?

プール運営はサーバー代、あるいはコンピュータそのもの、電力など、維持管理コストを支払いながら、カルダノのブロックチェーンのシステムを支えるノードとして稼働し続けます。

各プールはブロックを生成する作業に成功した場合、ADAコインが報酬として支払われ、委任者に分配されます。

報酬はいくら出る

報酬は委任したプールが、ブロック生成を成功させるごとに、その貢献に対してブロックチェーンよりプールに支払いがされます。(1ブロックに対して約900ADA前後の報酬)

どのくらい報酬が出るかは委任したプールのブロック生成数と委任の量で決まります。

テストネットとは

2019年11月29日(日本時間午後9時)に、本番のPOS実装に向けたシステムのテストが始まっております。ダイダロスやヨロイウォレットにADAの残高があれば、誰でも簡単に参加出来、報酬を受け取るチャンスがございます。

無料サポート(まもなく終了)

サポートに関する手数料は一切いただきません。委任作業自体は非常に簡単なステップで完了しますが、スナップショットされたADAをどのように復元させ、委任するかなど、細かな事でつまづき諦めている方が多いようです。

お気軽にNekota ADA Poolにお問い合せ下さい。

Nekota ADA POOl ?

 

どのプールに委任しても同じでしょうか?Nekota ADA Poolは分かり易いサポートだけでなく、ブロック生成の確立を上げるための努力に力を入れています。

ステーキングでADAを増やしませんか?

あなたはADAをウォレットに寝かせていませんか?

ステーキング(委任する)ことで、あなたのADAはカルダノブロックチェーンに貢献し、報酬を得ることができます。Nekota ADA Poolは余裕のあるスペックと24時間365日の監視体制で、最新ブロックの安定取得によりブロック生成の確立を高めていきます。

How it works

4コア

CPUのコア数は4個

当プール(NAP)が契約しているサーバーのCPUは4コアにする事で、最新のブロックチェーン情報をタイムリーに取得できます。

4G

CPUメモリは4G

4GメモリのCPUを使用し、情報の処理には余裕がございます。

Latest News

Check our blog

プールのランキングについて

2月 24th, 2020|0 Comments

ダイダロスウォレット(テストネット版)にプールのランキング一覧があります。 当プール(NAP)はこの投稿の時点で全世界で約900あるプールのうち34位です。プール登録直後はしばらく最下位あたりをうろついていたので、単純にこの結果は嬉しいのですが、どのようにこのランク付けがされるアルゴリズムなのでしょうか?日本のカルダノコミュニティに質問をしてみましたが、答えが返って来なかったので、自分なりに考えてみました。 1位から各プールの詳細を覗いていくと、1つはっきり言えそうなことは[Performance]という数値が高いプール程、ランクが上位になっているという事です。ただその[Performance]とはどのように算出されているのでしょうか?そして何を示しているのでしょうか? おそらくこれはプールが持っている現在のブロック生成能力の効率性を示しているものと考えられます。 各プールは現在持ち合わせている委任量に応じて、ブロック生成のスケジュール(チャンス)が割り当てられます。その数字に対して実際、現実としてどれくらいブロックを生成した実績があるか。 つまり”期待値”と”実績”を比較したものがPerformanceを示しているのではないかとNekotaは考えます。 例えば、大人と小さな子供、その両者にダンボールを運ぶという仕事をさせたとしましょう。(ダンボールを1つ運ぶ事を、プールが1つブロックを生成するイメージです。) 仕事が始まる前の時点で、仕事を依頼した人はある程度予想を立てますよね。(例えば、10分間で大人なら10個は運んで欲しいし、子供は力がないから6個運んでくれれば上出来だ!みたいな感じで。。。) 実際、仕事をスタートさせ、10分経過した時点で運んだダンボールの箱を数えてみると、大人は10個、子供が7個運んでいた場合に、子供は(期待値6個より1つ多い)7個を実際に運んでいたので、この子供の働き(Performance)は良いという事になります。そしておそらくこの場合、Performanceは7 ÷ 6

サーバーのスペック

1月 24th, 2020|0 Comments

Nekota ADA Pool (NAP)の使用サーバーは、IOHKの推奨するスペックを十分に満たしております。 推奨スペック 当プール(NAP)のサーバー 備考 CPU

ブログ始めました。

1月 15th, 2019|0 Comments

Nekota ADA PooLのネコタです。 現在、ホームページの製作を少しづつ進めております。ブログでは、難しいところを噛み砕いて分かりやすい解説ができるように頑張っていきますので、どうぞお楽しみに。

Get Started with Nekota ADA Pool

さあ、始めましょう

お問合せはこちら